WORKS

White cube

GUIDANCE

大館市の児童公園に建つ公衆トイレの建て替え。市の仕組み上、監理業務はなく、設計業務のみを受注しました。
敷地環境は、隣接地には事業所建築が多く、住宅はその少し奥に立地しているという特性を持った地域です。
建物の個性には敷地環境が大きく作用するというのが基本的な考えなので、今回の環境を考慮し、いわゆる「児童公園」によく見られる三角屋根のウッディなトイレにするのではなく、白い箱型の造形にしました。
「公衆トイレ=汚い」というイメージは古い考えです。外から見ても中に入ってもきれいで、地域住民に「きれいに使いたい」という気持ちを持っていただけるようにデザインしています。